オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

映画「その時は彼によろしく」の撮影用に制作したプリズムペンダントですが、映画公開後、頂いたお問い合わせのなかで、一番こだわりがあるご注文を頂き制作したプリズムペンダントをご紹介させていただきます。

頂いたリクエストの内容は、プリズムの中にお二人のイニシャルを浮かび上がって見えるように刻印して欲しい、というご注文でした。

最初は、プリズムの裏側からレーザーで文字を彫れば、アルファベットが浮かび上がるだろうと簡単に考えてプリズムを加工したところ、プリズムの表面をレーザーで彫る際に、プリズムレンズの中でレーザー光線が乱反射して、ほかの面にまでイニシャルが彫られてしまうという事態になり(レンズだから光を反射するという当たり前の事に気がついていなかったのです・・・)、レーザー光線をあてる角度を調整したり、文字の位置を変えてみたりと試行錯誤しましたが、結局うまくいかず、レーザーによるレンズへの刻印は断念。
これはジュエリーの世界の仕事ではないと思い直し、色々な異業種の専門業者の方にも相談をして、最終的にイニシャルを切り抜いたフィルムでプリズムの裏面をマスキングし、そこにサンドブラストを照射して、レンズの表面を切り抜いた部分だけ彫りこむ、という方法にたどり着き、何度かテストした結果、これならうまくいきそう!と、いざ本番。
見事、綺麗にイニシャルを彫る事に成功しました!!

↑刻印が成功したレンズ
MとNのイニシャルをレンズの裏から文字を反転させて刻印
正面から見るとこんな感じにレンズの中で反射してたくさん文字が見えます。

そして、いよいよペンダントの枠hwレンズの取り付け。
苦節3ヶ月(笑)。ようやく、イニシャル入りのプリズムペンダントが完成しました!

写真では中々判りにくいですが、プリズムの中を覗き込むとお二人のイニシャルが、レンズの中で複雑に反射して、ちょうど浮かび上がるように見えてとても魅力的です。
広島からご注文頂いたWさんも、たくさんお待たせしてしまったにも関わらず、とても喜んでいただき、頑張って制作した苦労が報われて嬉しかったです!

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ