オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

アダンスタッフ久保田です

先日、休暇をいただいてイタリアに行ってまいりました!

北イタリアのトリノを拠点にして、出来る限り色々と見て回ってきたので

何かのお役に立てば…と、少しずつその様子をお伝えします(^^)

トリノ景色

トリノという街、2006年に冬季オリンピックが開催されたこともあり、みなさん耳にしたことくらいはあるかもしれません。

モンブランなどがそびえる北イタリアのアルプス麓の街で、山を越えてしまえばすぐフランス領になります。

トリノ噴水

そのため、どことなく街並みもフランス風で、「プチ・パリ」とも呼ばれています。

トリノpiazza castello

今でこそイタリアと言えばローマ!ミラノ!ですが、実はここトリノが首都であった時代もあります(3年と短い期間ではありましたが…)

上の写真は街の中心に位置する王宮広場です

その名の通り、サボイア家の王宮前の広場で、この王宮郡は世界遺産にも登録されています

 

こんなイタリアいち、エレガントとも言われる街が一変する瞬間があるんですが、それは……

トリノユベントス優勝時

トリノにホームをおくセリエAのサッカーチーム、ユベントスが優勝した時です

選手や監督たちがパレードで凱旋すると、プチパリのエレガントさもどこへやら。。

老若男女もれなく広場に集うそうです

この騒ぎ、W杯の渋谷どころじゃなさそうです(*-*!!

 

今回は、せっかくなのでユベントスのホームスタジアムに行ってきました!!

トリノ郊外にあるユベントススタジアムにはミュージアムも併設されていて、スタジオ内を見学できるツアーにも参加できます。

ツアーはガイドさんが案内してくれるので、指定の時間になるまでは館内の展示品を見学して過ごすことに。

coppa

歴代の優勝カップや、

ユベントスユニフォーム

選手たちのユニフォームなど、ファンが見たらたまらないもので溢れています!

あっという間にツアー開始の時間になったので、見学開始です(^^)/

まずはvipルームからスタジアム内へ入り、選手の更衣室や、マッサージ室、グラウンドに降りて、

記者たちの控え室であるメディアルームや記者会見場などなど…普段入れないところばかりで見学者たちは大興奮のご様子。

ユベントスミュージアム

新聞記者ばりにじゃんじゃん質問します。

ちなみにミュージアム内もツアー中も禁止された場所以外では写真OKです

みんな選手になりきって記念撮影していたのがかわいらしかったです(^^)

と、ここまで書きましたが実は私、ユベントスファンでもなければサッカー大好き人間でもありません。。

でも、同行者がいると自分では行かない場所に行けるのも旅の楽しみですよね

そんな私が一番気になった展示品を最後にご紹介しますじゃん

Ballon d'or

バロンドール!!!年間最優秀選手に贈られる黄金(色)のサッカーボールです

ボールも気になりますが、その下の素材にご注目ください。

このゴツゴツっとした塊、、よく見ると結晶の集合体のようです。

どこかで見覚えのあるこの塊の正体、そうです、鉱物パイライトです!!

気になってバロンドールについて色々と調べてみると、パリの老舗のジュエリー工房でベテラン職人が作っているとのこと。

いやぁ、躍動感があってかっこいいですね~。

こちら、パイライトを使ったジュエリーです

パイライトリング

K18CG パイライトリング

ジャパンジュエリーフェアJJF2010で代表の藤森が入選した作品です。

記事はコチラ>>

JJAジャパンジュエリーデザインアワード2010にて入賞しました

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ