オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

オーナー藤森がお送りする、オーダーメイドジュエリーADAMアダン厳選、三軒茶屋おすすめランチ情報第2回目は、お昼の定番「とんかつ」です

三軒茶屋と下北沢を結ぶその名も茶沢通りは、実は知る人ぞ知る「とんかつ」激戦区。駅から100mくらいの間にとんかつ専門店がなんと3軒(それぞれ昔からやってる老舗です)も店を構えています。

どのお店もそれぞれおいしいのですが、その中で三軒茶屋のとんかつ屋さんを一軒選ぶとしたら、今回ご紹介する「川善」です。
とんかつ「川善(かわぜん)」
03-3421-7839
東京都世田谷区太子堂4-24-15
ランチタイム11:30~15:00 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜)

お店の場所→オーダーメイドジュエリーADAMアダン ランチマップ
ランチの味  ★★★★☆
ランチバリュー ★★★★☆
ランチタイム混雑度 ★★★★☆

三軒茶屋の茶沢通りで、30年以上営業していらっしゃるお肉屋さん直営のとんかつ屋さんです。
通りに面した1階が肉屋さんになっていて、名物の自家製焼豚をはじめ、スーパーのお肉とは一味違う計り売りの美味しいお肉を売っています。その2階がとんかつ屋さんになっています。」

30年以上三軒茶屋に住む店長藤森の記憶では、昔(20年以上前?)はとんかつ屋さんだけもっと路地を入った奥のほうで営業していた記憶がありますが、今はお肉屋さんの裏手の階段を上がったところがお店です。


↑茶沢通りに面したお肉屋さんの店頭にもとんかつ屋さんの看板アリ

ランチタイム限定のお得なランチメニューは、とんかつ定食、メンチカツ定食、かつ重の3種類。
メインのとんかつ定食は、800円。

お店の紹介文では、
「材料にこだわった定食は、国内産の上質の豚肉を厚切りに、大鍋で2度揚げしているので、フワッとカラッと召し上がれます。米は新潟産コシヒカリ。 お味噌汁のだしは日高コンブ、厚切りのサバの削り節を、 水から出して使っています。 ソースも自家製。 マヨネーズドレッシングも卵からの手作りで、皆様にご好評をいただいております。 」
とありますが、大げさではなく、まさにカラッと揚げたてのサクサクでジューシーなとんかつはいつ食べても美味しいです。

かつ重もボリュームが有り大満足のメニューなので、いつもとんかつ定食にするかかつ重にするか真剣に迷ってしまいます。
ランチタイムは、3時の終了までお客さんが絶えることなくやってくるので相席覚悟でどうぞ。

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


ご結婚1周年の記念にお二人それぞれのイニシャルをモチーフに素敵なペンダントをお作りしましたのでご紹介します。
今回のお客様は、佐賀県にお住まいのお客様で、ご遠方の為ご来店いただくことが難しく、メールでのやり取りでご希望をお伝えいただいて、デザイン画をご確認いただき、お作り頂きました。


(左)Pt900 ダイヤモンド入り イニシャルペンダント
(右)K18PG アメジスト・ダイヤモンド入り イニシャルペンダント

それぞれアルファベットの小文字で、女性のペンダントは「y」、男性のペンダントは「t」をモチーフにデザインをご提案しました。
女性の「y」のペンダントは、女性的なやわらかさと都会的なシャープさを取り込みデザイン、ダイヤモンドは、グラデーションに5ピース右上へ上昇するスピード感が出るように配置しています。
男性の「t」のペンダントは、中央に5mm径の大き目のアメジストを埋め込むように石留めし、その両サイドにメレダイヤを2ピース、「t」の字の流れと合わせて奥様のペンダントと同じく右上に方向性が出るように配置しています。
女性のペンダントはプラチナで、男性のペンダントはしっかりとしたボリュームのピンクゴールドでお作りしました。男性がカラーゴールドで、カラーストーンの入ったペンダントをなさるのはとてもおしゃれな方だなぁだと思います。初めてのご結婚記念日にとても素敵で個性的なプレゼントだと思いました。

 

当店のオリジナルデザインの誕生石入りのイニシャルペンダントもございますので、あわせて紹介させていただきます。


K18WG アクアマリン 「A」イニシャルペンダント \47,250(税込)

イニシャルにアルファベットの「A」誕生石に3月の「アクアマリン」をお入れしてお作りした例です。
ペンダントの裏側には、ご希望の文字(お名前や血液型、誕生日などの記念日)を刻印することも出来ますので、ご出産のお祝いやお誕生日などのご記念のプレゼントにもぴったりのペンダントです。

K18YG ガーネット 「K」イニシャルチャーム

こちらは、ブレスレットにも取り付けられるよう、取り外しが出来るチャーム金具でお作りした例です。
形状や金具、誕生石以外の石のご使用など、様々なアレンジもお受けできますので、ご自分だけのこだわりのイニシャルペンダントをお作り頂くことが出来ます。

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


パライバトルマリンは、半貴石のカラーストーンの中では非常に希少価値が高く、特にブラジルのパライバ鉱山産で綺麗なものですと、同じ大きさで比べて、ハイグレードのダイヤモンドより高いお値段になったりしますので、少しでも大き目のルース(裸石)でもすぐ数十万の単位になってしまいます。
ですのでパライバを使用してリングやピアスなどのアイテムを作る場合は、どうしても大きい石は使いづらいのでこじんまりとしたデザインになりがちであまり面白くなく、アダンではこれまで殆どパライバトルマリンの商品を製作することはありませんでした。

そんなところへパライバトルマリンの綺麗なメレー石(1~2mm程度の小さな石)が手に入り、小さくて綺麗なパライバトルマリンをパヴェセットで使用して、大きな石を使うよりも押さえた価格帯で、大胆な造形のある商品をご用意することが出来ましたので、ご紹介させていただきます。

K18WGリング パライバトルマリン0.78ct ダイヤモンド0.20ct
今回手に入ったパライバトルマリンのメレ石は、色の濃淡の幅があり、パヴェセットにて綺麗なグラデーションを作ることが出来ました。波打つ柔らかいフォルムに、中心から両サイドに向かい濃い色から薄い色のパライバをグラデーションでセットしています。マリンブルーの色の濃淡が本当にさんご礁の海のようなリングです。


K18WGリング パライバトルマリン0.36ct ダイヤモンド0.71ct


K18WGリング パライバトルマリン0.37ct
K18WGリング ダイヤモンド0.37ct


K18WGペンダントネックレス パライバトルマリン0.12ct ダイヤモンド0.80ct
スッキリとしたスクエアフォルムのペンダントネックレスです。表面、側面すべてにパライバトルマリンとメレダイヤがパヴェセットされています。


K18WGピアス パライバトルマリン0.668ct ダイヤモンド0.394ct
ボリュームのあるぶら下がりタイプのピアスです。
スタッドの部分には色の濃い大き目のパライバを使い、耳元でとてもマリンブルー色が映えます。


K18WGピアス パライバトルマリン0.086ct ダイヤモンド0.015ct
星型のスタッドタイプのかわいいピアスです。中心の7ピースのうち、6ピースをパライバ、1ピースがメレダイヤを使用しています。
上記でご紹介した商品以外にも、リング、ペンダント、ピアス共に何点か店頭に展示しておりますので、是非ご覧頂ければと思います。これからの季節にぴったりの夏色のパライバトルマリン、いかがでしょうか。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


渋谷からたった2駅の都会なのに、なぜか下町情緒あふれるローカルな魅力に溢れる街三軒茶屋は、個性豊かな飲食店が多く、ランチスポットも魅力いっぱいです。

アダンのスタッフにとっても、お昼ご飯は毎日の一大イベント。それぞれお気に入りのお店があり、新しいお店の出現にも敏感です。

その中でもオーナーの藤森は、三茶生まれ三茶育ちの真の三茶通、というより三軒茶屋のことしか知りません。三軒茶屋在住有名店のお得なランチから、あまり雑誌などでは紹介されない地元密着の入りにく~いお店まで、とっておきの三軒茶屋ランチ情報をこれから不定期でご紹介して行こうと思います。

ADAMアダンにお越しの際は是非ランチタイムに合わせていらっしゃて三茶でランチを!

 

さて第一回は、お昼の定番、カレーです。カレー屋さんも、三軒茶屋には雑誌でよく紹介されるお店を含め、パッと思いつくだけでも6件ほどあるのですが、その中で一番新しく出来たお店。ネパール居酒屋「PARIBAR(パリバル)」です。
ネパール居酒屋「PARIBAR(パリバル)」
03-3487-6697
東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19ゆうらく通り 2F
ランチタイム11:00~15:30 不定休(大体いつもやってます)

お店の場所→オーダーメイドジュエリーADAMアダン ランチマップ
ランチの味  ★★★★☆
ランチバリュー ★★★★☆
ランチタイム混雑度 ★★☆☆☆


246から路地である「ゆうらく通り」の2階にあるお店で、表通りに出ている小さな立て看板がないと気がつかないようなロケーションにあるお店です。この付近は、夜はかなり”良い”雰囲気になり、女性一人の通行はちょっとお勧めできないような三茶の中でも一、二を争うディープなエリアですが、ランチスポットに溢れているので明るい昼間にフラフラするのも楽しい界隈です。


↑2種類の週代わりカレーとチキンティカのセット

さて、肝心のお店ですが、好印象のネパール人青年二人(フロアの彼は結構男前)で切り盛りしているネパール料理専門店で、ランチセットがかなりお得、週替わりのカレーが、エビ、チキン、マメ、キーマ、野菜の5種類もあり、その中から1種類だけ選ぶコースが780円、2種類もしくは3種類選ぶカレーコースがあり、3種類選んでもセットで980円。セットに付くナンも、焼きたての香ばしい大きなナンで、お代わりも150円。ラッシーやコーヒーのドリンクもプラス100円で付きます。

あとネパール料理らしい変わったセットとしては、トゥクパというネパール煮込みうどん。2日酔いの疲れた胃にスパイシーだけど優しくてお気に入りです。


↑ランチメニューです。

ランチといえども一皿一皿ちゃんと丁寧に作っているので、味も本格的で美味しいし、お客のいるテーブルしか電気をつけないあたりもネパール流。ネパール居酒屋・・・・。居酒屋か?!と突っ込みたくなるお店の名前もナイス。といっても夜はまだいったことがないので夜はスゴイ居酒屋っぽくなるのかもしれないので、今度是非行って見ます。モモとかサモサとか食べてみたいです。

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


代表の藤森です。

ゴールデンウィーク前の週末に、とても素敵で、とてもユニーク、いやユニークというありふれた形容詞では表わすことが出来ない”前代未聞”(という表現が結婚式に相応しいかはわかりませんが。すいません。)の素晴らしい結婚式に出席させていただきました。

主役のお二人は、日本人女性とフランス人男性、藤森の高校の後輩で前職時代の同僚という新婦は、当にアジアンビューティー代表格の美人、対する新郎はこれまた小顔知的セクシーの典型的フランチ美男子という国際カップルで、アメリカの大学で卒業前に出会ってから、なんと7年間!!!の遠距離恋愛を成就させ、ついに結ばれたスーパーカップルです。

式の1ヶ月ほど前に、集合場所の指定はあるものの披露宴会場は秘密という、ミステリー結婚式ツアーとも言うべきご案内のA4冊子!が届き、当日集合場所の箱根彫刻の森美術館に到着すると、またご参列のしおりというB5冊子!を受け取るというすごい準備で、懐かしい面々も集まったこともあり、修学旅行並みの気分に。

結婚式は、彫刻の森美術館の野外ギャラリーの中でオープンエアの人前式。
式は、日本語とフランス語のバイリンガルで進行。
指輪の交換の際に、リングのデザイン・製作者として司会の方にご紹介いただき、二人のマリッジリングのエピソードを織り交ぜてお祝いの挨拶ををさせて頂きました。
ちなみに当店でお作りしたお二人のマリッジリング、一見オーソドックスでシンプルなデザインですが、ほぼリングサイズが同じ二人のリングの内側には、二人が式で誓った3つの言葉が、リングを2本重ね合わせた時に読めるように彫りこまれています。
無事、式が終わり、会場を美術館内の迎賓館に移し、ランチを兼ねたシャンパンパーティー。
シャンパンは、二人が利きシャンパンをしてセレクトした銘柄。というのも、新郎はなんとシャンパーニュ地方の出身でご親戚の方は実際にワイン農園を営んでいらっしゃる。そこでフランスから持参したという、超マグナムボトル(なんと15リットル!!)のボトルオープンで乾杯!

そのほかにもフランスから手荷物直輸入のワイン、フォアグラをはじめとした珍味の数々、ケーキカットに使用したクロカンブッシュ(シュークリームツリー)などなど、手も口も休まる暇がない美食の応酬でした。

パーティーの最後は、二人がお互いに手紙の交換。日本語とフランス語と英語の3ヶ国語で読み上げられ、それぞれの言語でそれぞれの集団が盛り上がり(しかも盛り上がるところがなぜかちょっと違う)、今まで結婚式の挨拶では体験したことがない感動の時間が流れました。
そしていよいよ披露宴会場および今夜の宿泊地であるメインの温泉旅館へ。
マイクロバスに乗せられて5分、東京より一ヶ月ほど遅い桜が敷地に満開の絵に描いたような老舗の旅館。

割り振られた部屋には、プライベートの露天風呂。ここで裸になるのかと、鍵の付くシャワーがないとか、どこで寝るのか、桜茶を飲ただの塩水だ、等々、同室となったフランス人2人は大はしゃぎ。

フランス人二人はもちろん温泉初体験。早速大浴場に連れて行きます。
真っ赤になりながら熱い熱いと騒ぎながらも、平気で20分以上お湯につかる白人大柄男性。敏感なのか鈍いのか。こちらが先にギブアップ。

そんなこんなであっと言う間に披露宴の始まる時間に。冊子によるとドレスコードは浴衣。いわゆるの温泉宿の大宴会会場でのパーティー(宴会)です。

早速、新郎新婦入場。二人ともバッチリ着物で決めてカッコイイ。来場者全員浴衣だから、主役の着物が映える映える(ある意味ずるい)。
でっかいシャンパンに負けない大樽酒の鏡開きで乾杯。檜の枡で飲む日本酒はフランス人に大好評。

その後披露宴は和やかに進み、新郎のアメリカ時代の友人が作ったプロ並みのショートムービーや挨拶があり、いよいよ花嫁のお色直し、、と思ったら、司会のマリオさんが「舞台にご注目下さい」というので見あげると、ねじり鉢巻のいなせな5人組が。。よくみると中心にはお色直しをした花嫁。なんと花嫁から花婿へのサプライズ(!)の祭り太鼓でした。2ヶ月間の練習だそう。スゴイ。花婿はむせび泣いていました。

たっぷり3時間あまり、続いた唯一無二の素敵な披露宴も、最後の両親へのお手紙(もちろん3ヶ国語対応)で和やかにお開きとなりました。

自分の大切な友達がこんなに幸せな時を迎え、しかも自分が作った結婚指輪と共に新しい二人の人生を歩んで頂けるのは何にも替え難い喜びでした。
本当におめでとう!!
披露宴後、部屋に帰って同室のフランス人らはまたお風呂へ。しかもまだ樽酒があるに違いないと、片付け真最中の宴会場を再襲撃して樽酒を持って帰り酒盛り。。結局真夜中過ぎまで良く飲みました(笑)。

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ