オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

素敵なアニバーサリーリングフルオーダーメイドにてをお作りしたのでご紹介させていただきます。

編集の仕事をなさっていたお母様が退職なさるということで、その記念にリングをプレゼントしたいとご来店頂き、本にまつわる仕事をしていたので、本の形をデザインのモチーフに取り入れて、さらに誕生石のサファイヤをお入れしたリングのデザインのご依頼を頂きました。

デザイナーの川口がデザインのアイディアを出し、改めて打ち合わせを重ね出来上がったリングがこちらのリングです。

リングの上に開いた本をのせ、そのページにはお母様の誕生石のブルーサファイヤとイニシャルを模ったオリジナルのロゴマークをレーザー刻印しました
優しい素材感とボリューム感を出すために地金にはシルバーを用いました。

サイドから見ていただくとよくわかりますが、ちょうどページが今にも開きかけているように、本のモチーフをベースのフォルムに配置し、本の立体感と動きを表現しています。

こんなに素敵な思いのこもったアニバーサリーリングをサプライズでお嬢様にプレゼントされたら、世界一幸せなお母様かもしれません。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


マリッジリングをはじめ、日本のブライダルリングはプラチナでお作りするのが一般的ですが、アダンのオーダーメイドマリッジリングは、地金の種類もプラチナだけでなく、K18ゴールド(イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、シャンパンゴールド)でお作りすることはもちろん、ご希望によりシルバーSV925でマリッジリングをお作りすることも可能です。

最近お作りしたシルバーのオーダーメイドマリッジリングを2組ご紹介させていただきます。

まず一組目は、ボリュームのあるシンプルなシルバーのリングがご希望ということで、当店のセレクトオーダータイプのマリッジリングの特注リングとして、男性はフラット(平甲丸)の9mm幅、女性は7mm幅をお選び頂きお作りしました

シルバーはプラチナやゴールドに比べると柔らかい金属のため、通常プラチナでお作りするような細いデザインのリングですと強度的に曲がりやすく、シルバーでマリッジリングをお作りする場合は、リングの幅は5mm以上、厚みは2mm以上でお作りするのがオススメです。

お二人のマリッジリングには、リング内側にブラックダイヤとアイスブルーダイヤをシークレットセッティングし、その両側にお二人のお名前を筆記体でレーザーマーキングしました。

シルバーは、特にお使いにならずにほって置くと、表面が黒くなってくるため、ご希望によりロジウムコーティングを施しますが、お二人のリングはシルバーの地金そのままの仕上げになっていて、使い込んでいくごとに段々良いユーズド感が出てくるのではないかと思います。プラチナやホワイトゴールドに比べ柔らかい白色と輝きを持つシルバー本来の地金の色もシルバーでマリッジリングをお作りする大きな魅力だと思います

昨今の貴金属地金の高騰で、プラチナやゴールドでお作りすると材料費だけでも凄いお値段になってしまうボリュームのあるデザインも、シルバーでお作りした場合は材料代金を抑えられるため、ボリュームを大きいマリッジリングをお作りする際には良い選択肢だと思います。

 

もう一組は、ちょっと個性的な組み合わせでマリッジリングをお作りしたカップルのリングです。

女性のリングは、K18イエローゴールドでスッキリとしたスクエアの中にダイヤを10ピース留めたハーフエタニティータイプのリング。
それに対して男性のリングは、シルバーで6mm幅のボリュームのあるリングをお作りしました。フォルムは全体がスクエアの形になっている幾何学的なモチーフで、シルバーらしい優しい色合いに、少し中心からオフセットした位置に留めたブラックダイヤがとてもさりげなくておしゃれです。
お二人とも、それぞれのご希望を素材にもフォルムにも込めてオーダーメイドしていただきました。
その代わり全く違うデザインのリングになってしまったお二人のマリッジリングですが、リングの内側に2本重ねたときにお二人のイニシャルが浮かび上がるように彫刻して、セットリングとしてのお二人だけがわかるように工夫しました。

 

アダンでは、シルバーのリングもプラチナやゴールドのリングと同じく、一本一本彫金技術でハンドメイドでお作りするため、廉価のシルバーアクセサリーでよく見られるようなコスト重視の製法とは仕上がりが全く違います。特にフォルムの成型、研磨、仕上げを手作業で行うことによる地金硬化により、マリッジリングとしても強度のある丈夫なリングになるようにお作りしています

今までシルバーアクセサリーを愛用されてきた方など、シルバーだけが持つ魅力を生かしたハンドメイドのオーダーメイドマリッジリング、いかがでしょうか?

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


バンコク出張報告の第2弾は、いよいよ手に入れた宝石たちのご紹介です!

今回も数百のブースを見て歩き、その中から狙いを定め、一つ一つ石に穴が開くほどよく見定めて、限られた時間の中でたくさん仕入れを行いました。

まずは、カジュアルな宝石たちからご紹介。
ここで取り上げる宝石は、全部でいったいどのくらいの金額になるのだろうというスゴイ量の石が、とても宝石とは思えないくらいドドっとトレイに山済みになっていたりする中から、それぞれ長いときは数時間の時間をかけて選び出した石たちです。
あれだけたくさんの中から選ぶというのはまさに出会いそのもの。一つ一つに本当に思い入れが出てきます。

 


カービングトルマリン


カービングサファイヤ・ルビー

バンコクの仕入れの大きな目的が、カービング(表面に彫りが施された)の宝石ですが、その中でも葉っぱの堀が入っているものは定番です。
上の写真の緑色は、綺麗なカービングトルマリン。うち二つはうっすらピンク色とのバイカラー(2色)です。
下の写真は、カービングサファイヤとルビーです。サファイヤはうっすらシルバーががった金属質の輝きが魅力的です。ピンク色のカービングルビーは、中々見ないめずらしいものです。

 


トルマリン ラウンドカボッション


ルチルクオーツキャッツ ラウンドカボッション

次は半貴石のカボッション(表面がカット面になっていなくてつるっとした石)の石です。
店長藤森は、カボッションカットの石が心から大好きで、特に意識するわけでもなくいつの間にかカボッションの石ばっかり手に入れる癖があります。
上の二つは今回もたくさん仕入れた半貴石のカボッションのうちお気に入りの2種類。

上は、トルマリンのカボッションです。大きさはちょうどM&Mのチョコレートくらい。厚みがそれ程ないのに色ははっきりと出ていて、それこそ何十種類という色がある中から30分くらいの時間をかけて上の3ピースをチョイス。

下は、半球に近い高さのあるルチルクオーツです。ルチル(石の中に入る金色の結晶体)が綺麗に一方向に入っているため、写真だと照明の関係ではっきりと出ませんが、綺麗なキャッツアイの出るめずらしいルチルです。

 


ルビー カボッション


ルビー 原石

最後の2枚の写真は、ルビーです。ルビー、サファイヤ、エメラルドは、宝石の中でも三大貴石と呼ばれていますが、バンコクのジェムショーは、その三大貴石の集積地で、1ピース数千万円のスゴイ石から、上の写真のようなめずらしいルビーまで、本当にたくさんの種類のルビーやサファイヤを見ることが出来ます。

上の写真は、カボッションのルビー。日本で一般的にジュエリー使われるルビーやサファイヤは、ほとんどがダイヤモンドのようにカットされたファセットカットのものが殆どで、カボッションのルビーというとインドスタールビーが比較的知られていますが、写真のような、インドスターでない普通のカボッションルビーは意外と日本ではほとんど使われる事がなく珍しいルビーです。

下の写真は、ルビーの原石です。ルビーとサファイヤは、実はコランダムという全く同じ鉱物ということを知っている人は、結構宝石に詳しい人ですが、コランダムの結晶の特徴である六角柱状に結晶化した形がよくわかる原石です。原石といっても、表面はとても艶があり、半透明の石の内部は、入る光を微妙に反射してなんとも綺麗です。カットをする前からこれだけ美しいのはさすがルビー。この石はこの原石の形を生かして製作しようと思い、時間をかけてこの3つを選びました。

どちらもルビーも価格としては、カットされたいわゆる綺麗なルビーに比べると何分の一の値段に手に入るのですが、石が持つ魅力はその価値以上というか、むしろ綺麗なルビー以上の強い個性を持った宝石です。

 

さて、次回はいよいよ今回の出張で仕入れた石の中でも目玉の宝石たちを紹介します。楽しみにお待ち下さいね!

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


店長の藤森です。
タイ・バンコクの出張から無事帰国しました!
騒がれていた政情不安も気付くことが難しいくらいまったく平穏なバンコクで今年も実りのある仕入れが出来ました。


↑タイバンコク、王宮内の寺院を支える猿神の像。全身モザイクが施され、派手だけど良い色合い。

現地から報告を上げられれば良かったのですが、ネット環境と時間のやりくりが上手くいかず、帰国後の報告となります。
まずは、ジェムフェアの概況と初日の報告から。
タイのバンコクで年に2度行われるジュエリーショー「Bangkok Gems & Jewelry Fair」は今回で47回目という歴史ある見本市で、1000以上の出展者が集まる世界的にも大きなジュエリーの見本市です。

タイのバンコクは、カラーストーン、特にルビー・サファイヤ・エメラルドといったいわゆる三大貴石の世界的な集積地で、バンコクのジェムショーは、その三大貴石を中心としたカラーストーンの展示量としては世界最大だと思います。


↑初日でスゴイ人で賑わう入り口付近。

バンコク郊外にあるIMPACTという見本市会場は、ビックサイト顔負けの巨大さで、会場に入ると永遠と続く出展ブースに気が遠くなります。
ルース(裸石)を販売、取引する業者だけでも300ブース近く出ていると思うので、商談をせずにすべてみて廻るだけでも大変です。


↑見渡す限りの出展ブースの数々・・・

初日はある程度商談相手を絞るための下見に集中し、値段だけをサラッと聞いては移動して、徐々に相場をつかんでいきます。
決まったサイズの決まったクオリティーであれば比較は楽ですが、狙いは日本にはあまり流通しないカボッションカットの石、特にカービング(彫りが施された)のルビー、サファイヤ、エメラルドなどは、バンコクに来ない限りかんり手に入れるのが難しいのですが、石一つ一つの個性が非常に大きいので、中々比較自体が難しく、ちょっとした違いでも値段が10倍くらい違うこともざらにあり、特に大物は狙いを定めるだけでも大変です。


↑ずらりと並んだブース一つ一つにまたずらりと宝石が並びます

石はエネルギーが強く(あまりストーンパワーなどは気にしないほうですが)、真剣に見ているとすぐにヘトヘトになりますが、それでも魅力的な石に出会うとすぐに1時間くらい石選びに没頭してしまいます。


↑日本ではめずらしい、カボッションカットの美しいルビーとサファイヤのルースがたくさん展示されています

昼ごはんもそこそこにあっと言う間に7時間あまりの時間が過ぎ、おおよそ候補が絞られたところで初日は終了。
ホテルに帰り、大好きなタイ料理と古式マッサージで体力を回復。


↑日本には入ってきていないMKレストランのタイスキ!

 

次回は、実際に手に入れた獲物たち(笑)を何点かご紹介します!

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


店長の藤森が、明日9/10より9/15まで、タイのバンコクで行われる年に2回の大きなジュエリーの見本市「Bangkok Gems & Jewelry Fair」に行って参ります。

日本には中々入ってこない、カービング(彫り)が施されたルビー、サファイヤ、エメラルドといった貴石、個性豊かなトルマリン、ムーンストーンなどの半貴石が今回の仕入れの狙い目です。

現地からショーの様子や仕入れた宝石の報告をしたいと思っています。
それでは、行ってきます!

↑写真は、前回バンコクで仕入れたカービングのファンシーカラーサファイヤとエメラルドを使用して製作したペンダントです。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ