オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

アダンスタッフ久保田です♪

年明けより開催中のお修理キャンペーン、おかげさまで大変ご好評をいただいております(^^)

少々お待たせしてしまいますが、この機会にぜひジュエリーのお直しをお持ちくださいね。

 

本日はお修理のご依頼の中でも多くいただくパールのネックレス糸換えをご紹介します!

冠婚葬祭に、はたまたちょっとお出かけの際にも使える万能アイテム、パールのネックレスですが、

長年お使いいただいているとどうしても中に通っている糸やワイヤーが弱ってきてしまいます。

パール写真

パールの間隔があいて伸びてきてしまったら糸換えのサイン。

お出かけ中に切れてしまった!なんてことにならないようメンテナンスをおすすめします。

アダンでは「ワイヤー」と「糸」の二種類の糸換えを承っています。

 

<お修理価格>

ワイヤーの場合 基本料金 ¥2,000~

糸の場合 基本料金 ¥2,500~

 

よく、「何が違うの??」とご質問をお受けしますが、

丈夫さはワイヤーが優れていて、身につけた際のしなやかさは糸が勝っています。

元々どちらが通っていたかでお選びいただくことが多いですが、

糸を通していく場合はパールとパールの間に一つずつ結び目を作っていくオールナッツというオプション(+¥2,500~)もお選びいただくことができますよ。

一つ一つ結び目を入れているので、経年の変化により万が一糸が切れてしまった場合にも、

バラバラーっとパールが散ってしまうという悲劇を避けることができますので、特に大切なネックレスにおすすめの方法です。

オールナッツ

こちらはお修理ではないですが、アダンの人気アイテム「マルチカラーパールのロングネックレス」を作っているところ。

こんな風に一つ一つ結び目を入れていきます。

アコヤマルチパールネックレス

特に大きな玉のパールや、ロングネックレスは糸に負荷がかかりやすいので、オールナッツにしておくと安心してお使いいただけますね(^^)

それから、結び目を入れることで少しだけネックレスの長さも増されるので、

「このネックレス、ちょっと短いなぁ…」という場合はオールナッツにするとちょうど良い長さにできるかもしれません。

 

この機会にパールネックレスのメンテナンスはいかがでしょうか?

今月いっぱいはお修理価格より¥500引きとさせていただきます!

まだまだ寒い日が続きますが、お出かけついでにぜひお立ち寄りくださいね♪

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

数回に分けてお伝えしているエルバ島の旅行記、今回はジュエリーショップらしく宝石についてお話します!

<前回までのブログはこちら>

エルバ島ってどんなところ? http://www.adam.co.jp/blog/?p=12219

エルバ島の絶景ポイント、ナポレオンのプール http://www.adam.co.jp/blog/?p=12726

 

IMG_1438

エルバ島のビーチはこんな具合にたくさんの鉱物が混ざり合った砂浜です。

様々な種類の鉱物が産出される島とあって、お土産屋さんにも石を使ったお土産物が並んでいます。

Porto Marina di Campoという港沿いの繁華街にもたくさんのお店があり、しかも夜遅くまで営業しているお店の多いこと!

さすがリゾート地です。

6月はまだ完全なオンシーズン前にも関わらず、22時頃まで空いているお店がたくさん。

みんな夕食後にジェラートを食べたり、お散歩したりして過ごしていました。

elbaお土産

さて、暗闇でひときわ目を引くこのネオンのお店、なにやら石がごろごろとディスプレイされてます。

中には水晶の原石だったり、天然石のアクセサリーなど見ていて楽しいものがたくさんだったのですが、、見つけてしまいました!!

IMG_1600

エルバ島の鉱物標本!!

もちろん自分へのお土産に購入しましたよ~♪

たしか20ユーロ程度で価格も良心的でした(^^)

さて、エルバ島が鉱物豊富な島であることはお分かりいただけたかと思いますが、最後に一つ重要なことをお知らせします。

それはなんと……宝石「エルバイト」はここエルバ島で最初に発見されたのです…!!

何を熱くなっているんだ、という感じですよね。

分かります、私も最初はピンと来なかったのです。。しかしですね、なんとこのエルバイト、みなさんのよーーーく知っている宝石なんです。

例えば、この手前の二つとか、、

I_DSC_2366

 

このバイカラーが特徴的な石、、

I_DSC_2534

そうなんです…!!みなさんご存知、トルマリンです!!

トルマリンといっても様々な種類があるのですが、宝石質のトルマリンのほとんどがこのエルバイトに分類されます。

ルベライトトルマリン、インディゴトルマリンなどなど、ジュエリーになっているトルマリンはほぼこちら、エルバイトです。

発掘されたエルバ島にちなみ、エルバイトと名づけられたそうですが、実際に島で産出される量はとても少なく、博物館の展示品としてはともかく、宝石として市場に出回ることは現在ではないようです。

 

旅行前になんの下調べなく「海~♪おいしいお魚~♪」とバカンス気分で島へ渡ってしまった私はこんなに大事な情報を、最終日にホテルをチェックアウトするとき鉱物博物館のパンフレットを見て気がつくという救いようのない詰めの甘さ。。愕然といたしました。

FullSizeRender 27

ま、まあ、でも日中は外で遊ぶのに忙しくて時間がなかったからどっちみち行けなかったかな~、

と気持ちを落ち着かせようにも、パンフレットの裏には開館時間が夜の22時半までと書かれているではありませんか…悔やんでも悔やみきれません(T_T)

次回こそは必ずやエルバイトに会ってきたいと思います!

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

先月、早めの夏休みをいただいてイタリアに行ってきました!

6月のイタリアは梅雨空とは無縁におおむね天気のいいことが多いです。

ジューンブライドも納得ですね。

今年はすでに真夏の暑さだったので、海に、山に自然を満喫してまいりました!

 

今日は海編、トスカーナの島「Isola d’Elba エルバ島」をご紹介します♪

みなさんエルバ島ってご存知でしょうか?

エルバ島地図

イタリア半島とコルシカ島に挟まれたこの小さな島、

ナポレオンが退位後に追放された場所としても知られています。

島へ追放、要は「島流し」ですが、ナポレオンはこの地にいた一年ほどの期間に

島の繁栄のため商業を活性化させたりと尽力した経緯があり、今でも島の方に愛されているそうです。

SONY DSC

ちなみにこのエルバの旗はナポレオンが考案したそう。

実に青空に映えますね。

 

さてさて、エルバ島までのアクセス方法ですが、島なので主に海路で向かいます。

色々な港から行けるようですが、わたしはトスカーナの港、ピオンビーノから向かいました。

島内は基本的に車移動なので、みんな自家用車やレンタカーで乗り込みます。

わりと大きなフェリーですが、この日は波が高く、はたまた睡眠不足が祟ったのか、

わたしはまんまと船酔いしました…酔いやすい方は薬必須ですね!

 

まあ、なんとか持ち直し、サトウキビらしき植物がわさわさ生い茂る道をホテルに向かって出発です!

IMG_1450

こちらが今回の宿、「Piccolo Hotel Versilia」

http://www.piccolohotelversilia.it/home_eng.php

piccola hotel versilia

家族経営のこじんまりとしたホテルでとても居心地がよかったです。

 

歩いて5分程のところにはMarina di Campoという大きなビーチもあります!

IMG_1920

6月なのにみんな余裕で泳いでいます。

水はまだ少しひんやりですが、本格的なバカンス前なので人も少なくてよかったです~♪

 

泳いでお腹も空いたところでお待ちかねの夜ご飯タイムでございます!

ホテルは二食付きで、新鮮な食材を使ったお料理がとってもおいしいです(^^)

毎日変わるパスタ、メイン、デザートメニューそれぞれ2-3種類から選べます。

IMG_1448

この日は魚介のラグーのパッケリ、大きなマカロニのようなショートパスタでした。

魚介類にきりっと冷えた白ワイン、最高ですね!

そうそう、わたしにとって旅の大きな楽しみといえば、その土地のワイン。

エルバ島はとってもおいしい白ワインの産地でもあるんです。

IMG_1398

個人的には赤ワインは北イタリア、白ワインは南イタリアのものが好きなのですが、

このフルーティーな辛口白ワイン、まさに好みで幸せでした~♪

エチケッタの幾何学模様はエルバ島のシンボルの蜂にちなんでハニカム柄です。

色々な作り手がありますが、ここのワインは結構お土産屋さんでも売っていたのでエルバではメジャーな作り手のようです。

こんなにおいしいワインがたくさんあるのに、残念ながらイタリア国内でもあまりエルバのワインは出回っていないんですよね、、

さて、食べ物の話ばかりしてしまいました、、次回こそエルバ島の絶景をご紹介しますね!

 

こんなところに行ってきました!

IMG_1502

つづく

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

最近移動中に本を読もうと心がけています。

先日まさに長距離移動でイタリアに行った際に機内で読もうと買った本があるのでご紹介します(^^)

その名も「IDEE PER LA PAUSA PRANZO」=「お昼休みのアイデア集」

イタリアのお弁当レシピ本です。

イタリアのお弁当レシピ

イタリアのお弁当ってあんまりイメージしたことがなかったので気になって気になって買ってみました♪

中はもちろんイタリア語です。

時々わからない単語もありますが、レシピに使われるイタリア語は基本的には「食材名」と「混ぜる」「焼く」など結構簡単なものが多いのと、

小説のようにニュアンスを汲み取らなくていいので、ちょっと勉強したことがある方ならわりと読めちゃうと思います。

イタリアレシピ本

このレシピはみんな大好きカポナータです。

レシピにそれぞれレストランの名前が書いてあるのでお店のレシピなのですかね、嬉しいです。

イタリアレシピ

ちなみにこの本は「朝作るレシピ」「前日までに作っておくレシピ」というようにいつ作るのかという視点でカテゴリーわけされています。

例えば「朝このマリネを作っておけばお昼休みにはちょうどよく味が馴染んでますよ」というような具合です。

季節ごとのアイコンマークもレシピについているので、「夏」に「朝ざざっと作りたい」というシチュエーション別に見れるのは結構使い勝手が良さそうです。

最近本格的に暑くなってきたので、まずは夏のメニューを試してみたいと思います♪

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

只今わたくし、自分のリングのリフォームに取りかかっております。

せっかくなので制作過程をご紹介しつつコツコツ制作をしていこうと思います!

リフォームリング

リフォームするのはこのリング。

いただきもののイタリア製のリングですが、古いものなので腕にヒビや破損がありこのままでは使えない状態でした。

でも石座がなんとも素敵で、どうしても使いたい〜!!と思ってかれこれ5年近く…最近ようやくお直しをはじめました。

破損してしまっている腕を作り直して、石を新たに入れてダイヤモンドのリングになる予定です♪

リフォームダイヤリング

まずはリングの石座と腕を切り離します。

誰かが作ったものに手を加えるのはちょっとドキドキします。

石座にキズを付けないように切り離したら、次は新しいアームになる部分を作っていきます。

早速写真を撮り忘れてしまいましたが、

ローラーという工具で地金の塊を必要なサイズの棒状に伸ばしていきます。

リング輪づくり

いいサイズの板状になったら芯金を使ってリング状に成型します。

リング上部に厚みを持たせた「つき型」にしたいため、

普通のリングよりも厚みがあって硬い…!!

火でなまして柔らかくしながらなんとか成型できました。ほっ

リングリフォーム

あとはサイドや厚みを希望のところまで削って調節してアームの原型の完成です。

この日の作業はここまで。

この続きの作業が進んだらまたご紹介しますね♪

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ