オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第9回目、

今旅のハイライト、プリトヴィツェ湖群国立公園

についてレポートします。


港町スプリットを後にし、さらに北上します。

 

プリトヴィツェ湖群国立公園は、バスで約4時間ほど。

朝一番にバスに乗ったのでお昼頃に到着しました。

 

国立公園の隣村、Mukinjeという村のペンションに宿泊。

オーナーさんから周遊コースをレクチャーしてもらいながら、国立公園のエントランスに向かいました。

 

国立公園のマップはこちら。

広大な自然の中に、無数の湖があり、いくつもの滝となっているのが見て取れますね。

 

湖は16個、滝はなんと92個あるそうです。

 

園内はとても広いので、コースがたくさんあり、

一部バスや船を利用して効率よく回ることができます。

 

スプリト他都市では暑くて溶けそうな天候だったのですが、

プリトヴィツェ国立公園に降り立ってからは薄い長袖を着てちょうど良いほどの快適な気候。

 

たくさん歩いても疲れない、穏やかな気候と景色に始終癒されました。

写真で上手く再現できないのですが、

水はどこまでも透き通っていて、美しい自然にただ感動でした。

山が生み出すエメラルドグリーンの景色、

是非実際に訪れて体感していただきたいお勧めのスポットです。

 

次回につづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ

【クロアチア旅行記】5.日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

【クロアチア旅行記】6.ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタールに寄り道

【クロアチア旅行記】7.スプリットという不思議な港町

【クロアチア旅行記】8.ラベンダーの島フヴァール島へ日帰り

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

数回に渡りニューカレドニアの絶景をお伝えしてきましたが、今回はご飯事情についてご紹介します。

首都ヌメアの中でもホテルがたくさん集中しているアンスバタ地区、ビーチ沿いの遊歩道が気持ちのいいロケーションでレストランも至るところにあります。

 

夕飯は毎回迷いに迷ったのですが、中でも気に入ったお店を二つご紹介します。

まずはこちら、地元のお肉なども味わえる「ストーングリル」

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294130-d2422504-Reviews-Stone_Grill-Noumea_Grand_Terre.html

ストーングリルという店名の通り、熱々の石の上でお肉をジューっと好みの焼き加減に焼いていただきます。

お肉は地元ニューカレドニア産のものから、ニュージーランド、オージービーフなどから選べる上に、ソースやサイドディッシュの組み合わせもたくさんで楽しいです。

 

そしてもう一軒はこちら、Bodega Del Mar

https://www.newcaledonia.travel/ja/business-directory/activities/bodega-del-mar

イメージとしてはスペインバルのようなお店なのですが、とにかくロケーションが最高でした!

半水上レストランで、海沿いの席に座れば下を泳ぐお魚を愛でながらマンタビールがいただけます。

夕日もこんなにきれい!

向こうに見えるのはかの有名な水上レストラン「Le Roof」です。

フランス料理で敷居が高そうだなーと思っていたら入り口にもう一軒お店を見つけたのがこちらのBodega del Marでした。

結果、コスパ良し、ロケーション良しですごく気に入りました♪

気楽に過ごしたい方にはとってもおすすめです!

 

スイーツ部門はこちら、「amorino」のジェラートがおいしかったです♪

https://www.amorino.com/en/

ニューカレドニアはフランス領ということでフランス発のこちらのお店もビーチ沿いにあり、以前から気になっていたのでトライしてみました!

スモールにしたのでちょっと小さいのですが、バラの花びらのように盛ってくれることで人気なジェラート屋さんです。

おいしくてかわいくて大満足でした!

食べておいしいバラのジェラートも素敵ですが、最後に宝石のお花のジュエリーをご紹介します♪

K18YG リング
マンダリンガーネット、グリーンガーネット

まるでミカンのような鮮やかなマンダリンガーネットのお花と、グリーンガーネットの葉っぱのリングです。

ルースもかわいいのですが、スプーンモチーフのデザインも個性的で、その反面つけ心地はとてもよいのが魅力です。

ドイツでカッティングされたこのルース、遊び心があって素敵ですね。

こういうルースに出会うと、やっぱりカラーストーンって見ていて楽しい気分になるので好きだなぁと思います。

年末に向けて色々と新作も出来上がる予定ですのでぜひみなさまお立ち寄りくださいね。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第8回目、

ラベンダーの島フヴァール島へ日帰り

についてレポートします。


 

港町スプリット滞在2日目。

日帰りでフェリーで1時間ほどのフヴァール島に行ってきました。

 

港につくと感動・・・

めちゃめちゃ海がきれい!

そしてまったりとした島時間。

透明度が高すぎて、波の動きがなければ浮いている様に見えそうですね。

 

ふらり散歩をしつつ、

次に目指したのは写真の中央のはるか遠くに見える、要塞。

写真だととても遠くに感じますが、

街並みを見つつ、階段を登り、

公園になっている坂道の歩道をゆらりと登るとその頂上にあります。

 

要塞の手前にあるベンチで一休みして、

さらに上へ。

要塞だった名残から、昔使われていた?!大砲が残ったままでした。

 

屋根は全てきれいなオレンジ色。

ドブロブニクとも似ていますが、要塞からの眺めはなんとも素敵でした。

 

奥に見える小さな島々にも、行って見たかったな・・・

またいつか戻ってくると信じて。

 

今回は、島内にあるビーチでまったり。

透明度も素敵ですが、

 

こんな素敵な空間を無料で使える贅沢さ・・・(有料のところもありますが)

大満喫の日帰り島トリップでした。

次回につづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ

【クロアチア旅行記】5.日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

【クロアチア旅行記】6.ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタールに寄り道

【クロアチア旅行記】7.スプリットという不思議な港町


海繋がりで、新作のご紹介。

 

○K18WG / K18YG タンザナイト エンゼルフィッシュペンダント

お気軽にお問い合わせくださいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第7回目、

スプリットという不思議な港町

についてレポートします。


1日クロアチアを離れ、ボスニア・ヘルツェゴビナに立ち寄った一行。

次はさらに北上して、クロアチアのスプリットという街にやって来ました。

スプリットの街の起源はとてもユニークです。

ローマ皇帝ディオクレティアヌス皇帝が晩年を静かに過ごすための宮殿として建設され、皇帝はここで6年を過ごしたのですが、

皇帝の死後、ローマ帝国の衰退に伴いこの宮殿は数百年に渡って廃墟となります。

その廃墟に7世紀頃になり、人々が置き去りにされていた宮殿内に住み始め、自分たちの家を建てたのです。

 

宮殿の敷地は南北が約215m、東西に約180mの長方形。

そして宮殿の周りを高さ20mの壁囲っており、宮殿内やその周辺には見所がぎっしりと詰まっています。

では、旧市街に入ってみます!

門をくぐるとそこは、現代と古代が交差する不思議な空間。

カフェのパラソルがありつつ、奥には現代的?なホテルと書いている建物も。。。

細い脇道も沢山あります。

洗濯物が干してあったりと人々の生活が垣間見れて、とても不思議なかんじでした。

この古い建物との融合がすごいですね。

 

地下も一部無料で通り抜けできます。

昼間はおみやげやさんがひしめいています。

宮殿の外に抜けると、ヨーロピアンな海辺のリゾート感が漂います。

すぐ目の前が港。

旧市街も徒歩でぶらぶらするにはちょうどよいコンパクトなサイズで

とても楽しめました。

 

クロアチアの小さな島々への拠点にももってこいなスプリット。

街でくつろぐか、どこかの島に行くか、スプリットに着いてからも悩んでいたのですが

お天気が良さそうなので翌日は「フヴァール島」に日帰りお出かけすることにしました。

次回につづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ

【クロアチア旅行記】5.日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

【クロアチア旅行記】6.ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタールに寄り道


過去と現代が交差するスプリットの街、

その異色な組み合わせはジュエリーにもございます。

 

ちょうど新作のペンダントが上がってきたので、ご紹介いたします。

●K18YG モルガナイト/オニキス(ドゥルージー)/ダイヤモンド

 

ドゥルージーと呼ばれる小さな結晶が集まったルース。こちらはオニキスを使用しています。

淡いピンク色のモルガナイトと、カッティング・色が絶妙にバランスよく出来ていて

一点ものらしい仕上がりになりました。

 

気になる方は是非、お問い合わせ下さいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

昨日会期があとわずかにせまった「ブラジルの先住民の椅子」という展覧会に行ってまいりましたのでそのレポートをいたします。

 

目黒駅から徒歩7分程のところにある東京都庭園美術館

初めて足を運んだのですがその佇まいがとても気に入りました。

 

”庭園”美術館というだけあって、見事な庭園の中に位置する美術館。

もともと旧朝香宮家の邸宅であったそうで、1906年、アール・デコの全盛期のフランスの影響を強く受けています。

内部の改造をほとんど行わず、現在美術館として使われているそうですが、

アール・デコの様式を留めた昭和初期の貴重な建築物として国の重要文化財に指定されています。

 

展示の内容ですが、タイトルの通り、ブラジルの先住民の方たちが作った手作りの椅子がいたるところに展示されていました。

モチーフがどれも現地で目にする野生の動物たち。

サルや、鳥が圧倒的に多く、

日常生活の中で使用したり、シャーマンによる儀式や結婚式等の特別な機会に用いるなど先住民の生活に深く根付いている欠かせないものであったのだそう。

中には、こうもりやエイなど、変わったものも。

スーパーマンポーズのサルはとても可愛かったです。

1階、2階の展示室から新館へ移り、

最後に入った大きな部屋。

 

壁中に作品が飾られていて、

中央の白いビーズクッションでくつろぎながら眺められるスタイル。

この空間がなんとも癒されました。

目の前に、ぶさかわなジャガーが。。。

南米大陸ならではの、アルマジロ。

あと奥の作品は魚だそう。

 

中でも私のお気に入りは、

この小さいジャガーでした。

 

ゆるーいデザインなのですが、

動物の本質を捉えていて、見れば見るほどホッコリ心温まるぬくもりが伝わってきます。

 

明日が最終日となります!

3連休のお出かけに是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

====================

東京都庭園美術館

「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」

====================

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ