オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

アダンスタッフ久保田です。

先日、結婚記念日にお休みをいただいて長野に行ってきました。

暖冬で雪不足、というニュースを耳にしていたものの、白馬のスキー場には十分雪が積もっていました。

それでも例年よりは少ないそうなのですが、滞在中に雪が降ったので翌日はふわっふわな雪と戯れることができ満足です。

さて、上の写真はリフトから撮ったものなので、どうもヒトではない足跡がたくさんありなんの動物なのか気になってしまいました。

詳しい方ならきっと見分けられるんですよね。

このあたりにはカモシカもいるそうで、どうにかこうにか会えないものかと木々に目を凝らしましたが発見できず、、

 

リフトから降りて下っていると、すぐそこにまた別の動物の足跡を見つけました。

この特徴的な足跡はどうやらウサギのようです。

それにしても本当にウサギ跳びして移動するんですね。

こんな近くで目にするとこのまま足跡を辿っていきたくなってしまいますね。

ちなみに白馬のスキー場はツリーランといって、コース外の手つかずのゾーンの滑走を開放しているそうです。

わたしは超のつく初心者なのでとても手が、というか足が出せませんが、パウダースノーを求めてやってくる方たちはこぞってそちらに行っているようです。

いつかウサギの足跡を追えるようになることを目標に練習しようと思います。

 

今回動物には会えなかったですが、最後に動物モチーフのジュエリーをご紹介します。

私物のアンティークブローチになりますが、1800年代のヴィクトリア時代のものだそうです。

どんな時代だったのかを調べてみると、労働が機械化されはじめ、女性の社会進出が徐々に始まった時代とのこと。

お勤めの装いの邪魔にならない、小ぶりなジュエリーが人気だったそうです。

今となってはもちろん持ち主も分かりませんが、仕事のお供に身に着けていたのかもなぁと想像すると少し背筋の伸びる気持ちになります。

アンティークジュエリーっておもしろいですね。今年は少し勉強したいなと思います。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちはアダンスタッフの重田です。

先日六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「㊙︎展 めったに見られないデザイナー達の原画」に行ってきました。

この展示は日本デザインコミッティーに所属しているデザイナーの原画を集めたもの。

デザイナーたちの発想の原点となる、「原画」の展示を中心に、分野ごとにスケッチ、模型、日記にわたるまで幅広いジャンルのデザイナーたちのあたまのなかを覗くことができる展示です。

 

㊙︎展は大きな映像空間から始まます。おしゃれそうなおじさんが一心不乱にシャーペンを動かしている映像。針金をぐにぐに曲げるおじさんは見るからに只者ではない気迫を感じます。

 

日常にあふれる、ロゴデザインやお菓子のパッケージまで誰しもがお世話になっているデザインがどうやって作られたのか、走り書きから丁寧に作られた模型まで様々な展示が構成されていました。

デザインにあまり明るくないわたしでも、あ、ここの銀行めちゃくちゃ使ってる、ここのお菓子だいすき!など知っているもの・使っているもののだらけ。

この展示はデザイナーひとりひとりの「過程」を長く大きな展示台一面を使って構成されており、流れるように見ることができます。

まさに生活はデザインに溢れている、と改めて気づかされました。

ひとりひとりの仕事の過程、考えのまとめかたは真似したい!と思うことも多く、仕事や日常生活の質をあげるヒントをくれたように感じました。

 

著名なデザイナーの仕事が集まるおおきな展覧会、みなさんも覗かれてはいかがでしょうか。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です。

以前訪れたイタリアのサルデーニャ島で出会った伝統技法の線細工ジュエリーについてご紹介します。

その名はFiligrana Sarda フィリグラーナ・サルダ

Fili=線とGrana=粒、線細工と粒金の技法で作られたジュエリーを意味します。

この写真は私がほぼ衝動買いでお持ち帰りしたシルバー製のピアスです。

もう少し寄ってみましょう。

繊細な線細工です。

こちらはフープピアス。

心なしか古代文明を彷彿とさせるデザインです。

どちらも気にいっているのですが、さすがは海外製のピアスでどうもポストが太いのです。

使いやすくなるようにプチリメイクしようかなと企んでおります。

 

最後にフィリグリーをイメージしたADAMのオリジナルジュエリーをご紹介します。

ローズカットダイヤモンドの瑞々しい輝きが大人な雰囲気のペンダントです。

アトリエに持ち出している場合もございますのでご興味をお持ちいただけましたらぜひお気軽にお問合せくださいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

本日はアダンのアトリエからすぐ近くに新しくできた
KINKA sushi bar izakayaさんのご紹介です。

 

前回重田が紹介していたCaze uzumakiさんの目の前に

今年の5月にオープンした

カナダ発の逆輸入のお寿司屋さん。

 

外国のお寿司屋さん…………??

と疑心暗鬼で暖簾を潜りました。

 

 

カナダ人のデザイナーさんが設計したという落ち着いたすっきり和モダンの店内、

奥に個室、手前にはカウンター席が充実していてお一人様も気軽に足を運べます。

 

 

炙り寿司のアブリシャスをオーダー。

アブリ+デリシャス=アブリシャス

という造語だそうです。

特に、トロサーモンが香ばしく炙られたマヨネーズと一緒に

口の中でとろけてとっても美味しかったです。

疑ってすみません!

 

その日は、とても暑い日。

予約のお客様でいっぱいだったので、

外で待つ方も出てくるほど人気でした。

テイクアウトで訪れる方もしばしば。

 

このお店の意外な名物が今大人気のタピオカドリンクなのです。

お店のモチーフのちょうちんあんこうのイラストがなんとも可愛く、

カナダ産のメープルシロップを使用しているという小技の効いたこだわり。

 

今度は、タピオカテイクアウトしてみようと思います。

*******
KINKA sushi bar izakaya 三軒茶屋

address:東京都世田谷区三軒茶屋2-15-6 プラスキューブ三軒茶屋B棟1階
tel:03-6450-9707

 

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの重田です。

先日、森美術館で開催されている「塩田千春展 魂がふるえる」に行ってきました。

写真OKの作品が多数あったのでそちらも交えてお話します。

 

塩田千春の作品展を初めて見たのですが、感覚としては見た、というより感じたという方が正しい気がしました。

 

ポスターにもなっている、「不確かな旅」。

何万、何千と折り重なる糸は、まるでいきもの。

鉄でつくられた船は枠線しかなく、大量の糸がそこに吸い込まれていくかのようでした。

 

船が糸をひっぱっているのかと思いしゃがんで床との設置面を見るも固定されている感はなく、

同じだけの引力が感じられます。

これらの赤いかたまりは確かに一本の毛糸から始まっていました。

近寄ると密度まで計算された糸の集合体に圧倒されます。

繭の中に閉じ込められたかのような不思議な感覚。

 

展示の序盤にこの作品はありますが、進むにつれ濃度は濃くなってゆきます。

 

塩田千春の考える「不在のなかの存在」。

一見すると芸術だからこちらにはわからないと振り切ってしまいたくなる言葉ですが、

進むにつれ、キーワードが提示され、不思議と意味が伝わってきます。本当に不思議。

 

魂はどこにあるのでしょう。

その問いについて考えさせられる貴重な体験でした。

 

作家名/作品名:塩田千春《不確かな旅》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 改変禁止 4.0 国際」ライセンスでライセンスされています。

 

塩田千春展:魂がふるえる

HP https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/shiotachiharu/

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ