オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第7回目、

スプリットという不思議な港町

についてレポートします。


1日クロアチアを離れ、ボスニア・ヘルツェゴビナに立ち寄った一行。

次はさらに北上して、クロアチアのスプリットという街にやって来ました。

スプリットの街の起源はとてもユニークです。

ローマ皇帝ディオクレティアヌス皇帝が晩年を静かに過ごすための宮殿として建設され、皇帝はここで6年を過ごしたのですが、

皇帝の死後、ローマ帝国の衰退に伴いこの宮殿は数百年に渡って廃墟となります。

その廃墟に7世紀頃になり、人々が置き去りにされていた宮殿内に住み始め、自分たちの家を建てたのです。

 

宮殿の敷地は南北が約215m、東西に約180mの長方形。

そして宮殿の周りを高さ20mの壁囲っており、宮殿内やその周辺には見所がぎっしりと詰まっています。

では、旧市街に入ってみます!

門をくぐるとそこは、現代と古代が交差する不思議な空間。

カフェのパラソルがありつつ、奥には現代的?なホテルと書いている建物も。。。

細い脇道も沢山あります。

洗濯物が干してあったりと人々の生活が垣間見れて、とても不思議なかんじでした。

この古い建物との融合がすごいですね。

 

地下も一部無料で通り抜けできます。

昼間はおみやげやさんがひしめいています。

宮殿の外に抜けると、ヨーロピアンな海辺のリゾート感が漂います。

すぐ目の前が港。

旧市街も徒歩でぶらぶらするにはちょうどよいコンパクトなサイズで

とても楽しめました。

 

クロアチアの小さな島々への拠点にももってこいなスプリット。

街でくつろぐか、どこかの島に行くか、スプリットに着いてからも悩んでいたのですが

お天気が良さそうなので翌日は「フヴァール島」に日帰りお出かけすることにしました。

次回につづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ

【クロアチア旅行記】5.日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

【クロアチア旅行記】6.ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタールに寄り道


過去と現代が交差するスプリットの街、

その異色な組み合わせはジュエリーにもございます。

 

ちょうど新作のペンダントが上がってきたので、ご紹介いたします。

●K18YG モルガナイト/オニキス(ドゥルージー)/ダイヤモンド

 

ドゥルージーと呼ばれる小さな結晶が集まったルース。こちらはオニキスを使用しています。

淡いピンク色のモルガナイトと、カッティング・色が絶妙にバランスよく出来ていて

一点ものらしい仕上がりになりました。

 

気になる方は是非、お問い合わせ下さいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

昨日会期があとわずかにせまった「ブラジルの先住民の椅子」という展覧会に行ってまいりましたのでそのレポートをいたします。

 

目黒駅から徒歩7分程のところにある東京都庭園美術館

初めて足を運んだのですがその佇まいがとても気に入りました。

 

”庭園”美術館というだけあって、見事な庭園の中に位置する美術館。

もともと旧朝香宮家の邸宅であったそうで、1906年、アール・デコの全盛期のフランスの影響を強く受けています。

内部の改造をほとんど行わず、現在美術館として使われているそうですが、

アール・デコの様式を留めた昭和初期の貴重な建築物として国の重要文化財に指定されています。

 

展示の内容ですが、タイトルの通り、ブラジルの先住民の方たちが作った手作りの椅子がいたるところに展示されていました。

モチーフがどれも現地で目にする野生の動物たち。

サルや、鳥が圧倒的に多く、

日常生活の中で使用したり、シャーマンによる儀式や結婚式等の特別な機会に用いるなど先住民の生活に深く根付いている欠かせないものであったのだそう。

中には、こうもりやエイなど、変わったものも。

スーパーマンポーズのサルはとても可愛かったです。

1階、2階の展示室から新館へ移り、

最後に入った大きな部屋。

 

壁中に作品が飾られていて、

中央の白いビーズクッションでくつろぎながら眺められるスタイル。

この空間がなんとも癒されました。

目の前に、ぶさかわなジャガーが。。。

南米大陸ならではの、アルマジロ。

あと奥の作品は魚だそう。

 

中でも私のお気に入りは、

この小さいジャガーでした。

 

ゆるーいデザインなのですが、

動物の本質を捉えていて、見れば見るほどホッコリ心温まるぬくもりが伝わってきます。

 

明日が最終日となります!

3連休のお出かけに是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

====================

東京都庭園美術館

「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」

====================

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

秋の足音を感じながら夏を惜しんでお届けしているニューカレドニア旅行記、今回はイルデパン島にある天然のプールと呼ばれるPiscine Naturelleについてご紹介です。

私たちが滞在していたクトビーチからバスで30分程の場所にあるPiscine Naturelle(ピシンヌ・ナチュレ)、なんだか難しい名前ですが天然のプールという意味のフランス語だそうです。

正確な発音は最後までよく分からなかったけれど、だいたいなんとなく伝わりました。

ホテルのバスで送ってもらい、林の中をずんずん歩いて行くと急に視界が開けます。

こんな感じの川?沢?を歩いて行くので、濡れてもいい格好で向かうべしです!

ちなみに行きはこのくらいの水位でしたが、帰りはひざ上まで浸かる深さでしたので帰りもしっかりお着替えしない方がよさそうです。

なんとなくみんなが向かう方に歩いて行けば着きますが、途中で一応道案内もありました↑

一旦川を越えると少し林の中を歩いて行くのですが、結構冒険感あり楽しかったです♪

林を抜けるとようやく到着!

20分くらいはかかりますがまるで映画の世界のような場所を歩きながらなのでとっても楽しいです。

向こうは波がザッパーンとしている海なのですが、岩礁で塞き止められているのでこの天然のプール内は波がおだやかです。

透明度も抜群で本当にプールみたい!

ムービーのスクショなので画像が荒くて申し訳ありません、、ただこの色は伝わりますでしょうか?

宝石に例えるなら、、うーん、アクアマリン、グリーンベリル、そんな淡くて綺麗な色です。

もちろんお魚や…

このうねうねしているのは、まるでリトルマーメイドなんかに出てきそうな大っきな貝!

貝と言えばパールですが、日本のアコヤパールに比べると南洋パールは大粒なのですが、なんだかこのスケール感を見たらタヒチあたりには大っきな貝がごろごろいるんだろうなぁと納得しました。

たくさん泳いでお腹がすいたので、ホテルのバーで作ってもらったサンドイッチとビールでお昼にしました♪

この絶景とビール、まさに天国に一番近い島ですね~

そしてこのマンタビール、旅の気分を盛り上げるパッケージが素敵すぎます。

本土のスーパーでも売っているのでお土産にもぴったりですね♪

楽しかったイルデパン滞在もあっという間、この日の夜便の飛行機でヌメアへ戻りました。

所要時間はなんと、20分!笑

国内線の空港からヌメアまではタクシーで15分程。(国際線は1時間程かかります)

実はとっても近いイルデパン島。

ニューカレドニア旅行の際はぜひ訪れてみてくださいね♪

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

飛行機が丸一日遅延でやっとこさ出発できたニューカレドニア旅行記の続きです。

前回のブログはこちら>

一日遅延したことで何をヒヤヒヤしていたかというと、実は翌日に離島へのチケットを手配していたからなのです。

翌朝7時のフェリーで今回の1番の目的地であるile des pins イルデパン島に出発の予定だったため、ホテルに到着したらまずフェリーターミナルまでのタクシー送迎を予約しようと、、と、、、フロントのお姉さんの顔がちょっと渋くなり一抹の不安が…

なんと、ニューカレドニアのタクシーは24時間営業じゃないというではありませんか…!

ターミナルには6時に集合と書かれていたので、5時半くらいに出発したかったのですが、

お姉さん「6時ならギリギリ車出してくれるかしら〜。とりあえず電話してみるわね、起きてるか分からないけど。」

ヒヤヒヤ…最悪歩こうか、などと考えていたところなんとか電話がつながりお迎えOKとのお返事が!

いやぁ、よかったです。

みなさん、もしニューカレドニアでタクシーに乗る際は時間にお気をつけくださいね!

翌朝なんとかフェリーに乗り込み、イルデパンまで2時間ほどの船旅です。

朝が早かったので途中でウトウトしてしまい目が覚めると…

海の色が!!

ヌメアも綺麗でしたがイルデパンの美しさは言葉も出ないほどでした!!

宝石に例えるならパライバトルマリン。寝不足の体も一気に目が覚めました!

フェリーの上から↑

ターミナルから10分程歩いたところにあるクトビーチに面するホテル・クブニーに滞在しました。

上の写真の対岸に見える砂浜のあたりです。

ホテルの目の前は穏やかで白浜の美しいビーチで、極細のパウダーサンドは素足で歩けば感動間違いなしです!

併設のバーは宿泊客以外でも利用可能で、ビールもたしか1000円くらいと東京に比べるとそんなに割高感はなく嬉しい限り。

滞在中はとにかくこのバーが気に入ってよく利用してました♪

暑いですが朝食もテラスでいただけます。

ホテルの裏側にはこれまた綺麗なカヌメラビーチがあります。

少し泳いで行くと小さな島のような岩があり、そのまわりには見たこともない色鮮やかなお魚がたくさん!

シュノーケリングをするならこちらがおすすめです。

この透明度…波打ち際でもお魚が見えます。

ニューカレドニアにはそこにしか生息しない生物がたくさんいるそうで、ひとたび海に潜ればそこは水族館の世界。

その素晴らしさはまた次回「Piscine naturelle 天然のプール」のご紹介でお伝えしますね!

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第5回目、

日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

についてレポートします。

 


ドブロブニクに連泊していたのですが、

意外と小さな旧市街、

少し気分転換に遠出してみたいな・・・・と突然思い立ち、

現地発着の1DAYツアーに参加してみました♪

ドブロブニクの宿にハイエースが迎えに来てくれて、

ドアツードアのとても楽チンなモンテネグロへの旅。

 

ガイドさんは英語を流暢に話す金髪美人の女性の方でした。

陸路での国境越え。

パスポートのスタンプは車のマークでした♪

 

途中カフェで休憩、

その後船に乗り継ぎました。

協会がひとつ、ポツンとある小さな島にたどり着きました。

 

手前のバラのピンクと、屋根の水色、空のブルーが映えてとても綺麗でした。

〜岩礁のマリア教会〜

15世紀、地元の漁師が乗った船がこの岩礁で難破したのですが、その時漁師がマリアのイコンを釣り上げていたそうです。

このイコンを祀るために岩礁を埋め立て、この教会が建てられたという伝説があるそうです。

これから船で対岸に向かいます。

 

途中、小さな島が見えました。

対岸のペラストという街で小休憩。

写真で見ると綺麗なのですが、

ジリジリと焼ける猛暑でとってもつらかったのを覚えています笑。

 

そこから船で40分ほど湾を突き進むと、

目的地「コトル」へ到着。

 

旧市街はお掘りと城壁で囲まれていて、外からは見えない状態。

入り口が3箇所あって、正面入り口から旧市街に入りました。

先ほどの写真でみた城壁ですが、

無料で歩くことができます。

 

街の城壁沿いを歩いていたら、階段があり、

降りてくる観光客がちらほら。

どこに続くかわからないけど、適当に歩いてみました。

 

街の外の港が見えますね。

その日は40度になるかならないかの酷暑。

 

今年の夏は、日本でも各地で最高気温40度近くまで達したことがありましたね。

 

旅はまだまだ始まったばかり。

 

次回は、ボスニアヘルツェゴビナのお話です。

つづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ


さて、プロローグ

の最後に登場した教会ですが、実はコトルの聖トリプン教会ものでした〜!

Rosetteコレクション

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ〜

 

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ