オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

こんにちは、アダンスタッフの中井です。

本日は美しい水の都イタリアのベネチアからやってきた『ベネチアンガラス』を使用したリングをご紹介しようと思います。

ベネチアンリング4

とてもボリュームがあります。

「ガラスだし重いんじゃないの?」と思われがちですが、
意外にふわっと軽い付け心地。

こちらは中が中空になっているので、見た目とは裏腹に全然重たくないのです。

ベネチアンリング3

リングの腕の部分も注目です。
丁寧に手彫りで細かくキラキラとした優しい光を放つテクスチャーを付けています。

横から見るとなんとなく小宇宙を連想してしまうのは私だけでしょうか?

ベネチアンリング2

ガラスはゴールドのラメが入っていて凛とした気品を感じさせてくれます。
中心の石は、ダイヤモンド(左)とルビー(右)の2色ご用意しております。

個人的には、カボションカットのルビーがぷっくりと収まっていて、
何かのスイッチのようでお気に入りです。

ベネチアンリング1

ガラスではありますが比較的強度があり、落としても割れることはありません。
またお修理も対応しておりますので、ご安心ください(料金・納期などは要相談)

社長がイタリア留学時代から交友のある方のガラス作品だそうです。

ガラスは涼しげでこれからの季節にもピッタリですね。
お揃いでペンダントもご用意あります。

是非店頭でお手にとってご覧くださいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


File_001

昨日、ずっと気になっていた「黄金のアフガニスタン~守りぬかれたシルクロードの秘宝~」
を見てきました。

File_000

ポスターを見かけたときに、
「黄金」「アフガニスタン」どちらの言葉にも惹きつけられて、
熱い想いを胸に近々行こうと思っていたのです。

ジュエリーに携わるものとして、古来の金の装飾品に興味があった「黄金」という切り口から
混乱状態が続いていて訪れることのできない「アフガニスタン」を垣間見れる
というわたしにとって一度に二度美味しい展覧内容でした。

本来なら何事も内容をお伝えする上で一番有効なのが写真なのですが、
館内は撮影が許可されていないので記憶にとどめるだけになってしまいました。

本展覧会では、紀元前2100年ごろから紀元後3世紀頃までに古代のアフガニスタンで栄えた文化を、4つの遺跡から出土した名宝によって紹介されています。

その頃日本はというと、縄文時代~古墳時代。そんなところでしょうか。

大陸から稲作や金属器が伝わりつつあったとはいえ、
完全に独立した島国の単民族国家として独自の文化をゆっくりと育てていった日本と比べて、
南アジアと中央アジアの狭間に位置するアフガニスタンは、古くから「文明の十字路」といわれるようにさまざまな地域から人々が集まり、多彩な文化が華開いた地域として知られています。

古代ギリシャ文化とイスラム文化、そして仏教の3つが入り混じり
独特の文化を築いたこの地域ならではの、珍しくも輝かしい作品が数多く見ることができました。

それらがわれわれが見ることができるのも、「鍵の番人」と呼ばれる博物館員が
1979年のソ連の軍事介入とそれに続く内戦などの影響で混乱の渦中にある中、
国家の宝を守る為に秘密の場所に移動させその場所を14年間もの歳月誰に明かすこともなく過ごしたというドラマを知りさらに感動しました。

古来から受け継がれてきた芸術品を来世に伝えるには「形あるものは壊れる」というように、
年月が経つだけで物の保存は難しいと思います。
ましてや、「戦火を潜り抜ける」という苦難を乗り越えるということが、いかに困難であったかが計り知れません。

第1~4章までは、時代別に構成されていて、
第5章は日本で修復保管されていた「流出文化財」の特集で締めくくっていました。

中でも目を奪われたのは
第三章サカ・パルティア時代のティリヤ・テペ。
地元の言葉で「金の丘」を意味するらしく、その名にふさわしい数々の金の装飾品が出土されました。
詳細はなぞに包まれていますが、遊牧民族の有力者の墓であったと推測されており、
女性5人、男性1人の身につけていたであろう装身具、衣服にちりばめられた装飾品を
見ることができました。
金だけでなく、トルコ石がふんだんに使われていて、
滑らかなハートの形のトルコ石のカッティング技術に目を奪われたと同時に、
今も変わらず輝き続ける金の美しさにため息がでました。

【百聞は一見にしかず】

6月19日までやっておりますので、

ご興味があれば是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

会期:2016年4月12日-06月19日
開館時間:午前9時30分-午後5時(土日祝は午後6時まで、金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
会場:東京国立博物館 表慶館
お問い合わせ:03-5777-8600

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

本日は、できたてホヤホヤの新作リング2点をご紹介いたします。

Exif_JPEG_PICTURE
K18WG サンゴ9.53ct ダイヤモンド0.1ct ¥380,000-(+Tax)

Exif_JPEG_PICTURE
K18YG サンソゴ 13.3ct ダイヤモンド0.1ct ¥350,000-(+Tax)

Exif_JPEG_PICTURE

国産の天然サンゴで傷や色ムラが肉眼では容易に確認できない最高級の品質。

エッジの効いたシャープさとカーブの滑らかさが絶妙なバランスで、
さり気なく輝くダイヤモンドがそのサンゴの魅力を引き出してくれています。

K18WGはクールで色っぽいイメージ。真っ赤な口紅とよく似合いそうです。
K18YGは上品で可愛らしいイメージ。いつもと違う個性的なリングはいかがでしょう?

リングの腕の部分も指馴染みが良いのでおすすめです。

ぜひ、店頭にてご覧頂ければと思います。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

本日は、
バロックパールのブローチ2点をご紹介しようと思います。

まずは、K18WGのブローチです。
バロックパールブローチ4
K18WG ダイヤモンド ¥350,000-(税抜)

大粒のバロックパールが2粒と、彩り豊かなカラーサファイアがカラフルに散りばめられています。

バロックパールブローチgd
 K18YG エメラルド ¥128,000-(税抜)

ゴールドバージョンにはエメラルドとダイヤモンド。

バロックパールブローチgd2

裏側にチェーンを通すところがあるので、ペンダントトップにもなります。
ボリュームの割に、付け心地は軽く夏のお洋服にもよく合うと思います。

現在店頭にはおいておりませんが、
いつでもスタッフにお問い合わせくださいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

これから社長が海外から買い付けてきた変り種の石のコレクションを少しずつご紹介していこうと思います。

まず、本日はこちら。

Exif_JPEG_PICTURE

これからの季節にぴったりの「氷」を連想させる珍しいカットのブラジル産アクアマリンです。

変わった形なので、いろんな角度からご覧頂ければと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

見る角度によって、いろんな表情を見せてくれます。
表面のテクスチャーも特徴的です。

ブローチ?ペンダント?

オリジナルのジュエリーをオーダーメイドでお作りいたします。
決して同じものは存在しない天然物。
これから順次ご紹介してまいりますので、ビビっと来るものがございましたらお早めにご連絡くださいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 AM 10:30 〜 PM 7:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ