オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

こんにちは、ADAMの吉久です。

夏の暑さが和らぎ、衣替えの季節も近いですね。

この度、ADAMルース販売ウェブサイトをオープンいたしました。

社員が国内外から仕入れた高品質な石、珍しい石を揃えております。

今後も商品を順次追加いたしますので、ぜひご覧くださいませ。

ウェブサイトはこちら https://adam-jewelry.stores.jp/

こちらでご購入いただいたルースは、そのままオーダーメイドしていただくことができます。

また、紹介されているルースはADAM店頭でもご覧になれます。

アダンは今日もコロナに負けず頑張ります。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


今回ご紹介するのはとても素敵なフルオーダーのエンゲージリングです。

お選び頂いたのは、オーバルカットのローズカットダイヤモンドです。

一般的なブリリアントカットとは違い輝きも控えめですが、水面のような落ち着いた輝きで

普段のファッションにも合わせ易く人気のカットでございます。

地金はイエローゴールドでお仕立て致し、ダイヤの周りをぐるりとミルグレインで囲み

リングはマットなつや消しベースにミモザをモチーフにした彫り模様を施しました。

石座の側面にも洋彫りでラインを入れ、細部まで拘ったデザインに仕上がりました。

こんな素敵な指輪が手元にあったら、つい眺めて時間があっという間に過ぎてしまいますね。

アダンではブリリアントカット以外にも、変形カットやソルトアンドペッパーダイヤなどのナチュラルダイヤや、

ファンシーカラーダイヤなどもご用意出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


お客様がご友人の方にもらったという隕石をお持ちになりご来店頂きました。

1cm弱程のグレーの光沢のある隕石で、ダイヤの原石の様なイメージでした。

お手持ちのダイヤの一粒ピアスをリメイクして、片耳ピアスにお仕立て致しました。

ダイヤがキラリと華やかさをプラスしつつ、お互いに魅力を引き立てています。

ピンクゴールドを使用していますので、ピンク×黒のコントラストも際立っております。

 

最初は石ころみたいでジュエリーとして使用出来るかな?と不安な様子でしたが、完成品をご覧になりとても喜んでいただけました。

お洒落な方なので、さらりと身に着けて頂けるでしょう。

私も隕石を扱った事は初めてでしたが、石の元からある段差を利用して石を留めることが出来たりと加工も楽しかったです。

アダンではお客様のお持ち込みのオーダーも承っておりますので、お気軽にご相談下さいませ。

 

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です。

昨年の誕生日に何か記念になるものを、と思い立ち誕生石のペンダントを作ることにしました。

6月生まれの私はパールかムーンストーンが誕生石です。

日本の6月、梅雨の時期にぴったりの優しい雰囲気でどちらも大好きな宝石です。

今回はレインボームーンストーンでペンダントを作ることにしました。

ツーソン買い付けで出会ったレインボームーンストーン、その名の通り虹色のシラーが美しいルースです。

角度によってブルーやピンク、オレンジなど様々な色が現れます。

ルースのままで眺めていても十分楽しいのですが、身に着けられるようにいざ加工開始です。

シャンパンゴールドの線材を切って曲げて、ロー付け(溶接)していきます。

ゴールドは素材の特性としてバネ性があるので、火を当てると曲げた部分がぐにゃんと反発して変形するため、この工程は難しかったです。

微調整しながら徐々に形を組んでいき、ちょっと間の空いた部分があったので寄り線を追加することに。

すべてのパーツを組み上げたら最後の難関はそう、石留めです。ドキドキします。

まずは動かないように台座に固定します。

少しずつ爪を倒していき、、なんとか無事に石留めができました。

途中、3分くらい呼吸が止まっていたのではないかというほど集中していました。

あとは仕上げをしたら完成です。

時間はかかってしまいましたがなんとか形になりほっとしています。

誕生石のジュエリー、大切に使いたいと思います。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アダンスタッフ久保田です♪

以前ご紹介した山梨の研磨工房見学の続きをご紹介します。

前回のブログではルースを器具にセットしてファセットをカットしていく様子をご紹介しました。

>ブログはこちら

こちらもまさに熟練の技で圧巻!だったのですが、

今回は手の感覚だけで面を仕上げていく手磨りについてご紹介します。

まずはこんな状態のアメジストの原石からスタートです。

職人さん、「ふむふむ、これなんか綺麗なルースに仕上がりそうだなー」と長年の勘からさっと原石をピックアップ。

角度をセッティングする器具などは使わずに素手で磨っていくと聞いていたのでどんな形になるのかワクワク見守っておりました。

回転する板の上でまずは荒削りをしていきます。

お話ししながら、さっさっさーと…

あっという間に長方形の形になっているではありませんか!!

これには一同驚きです。

大変失礼ながら、「手で磨る=ラフカット」と勝手に思いこんでおりましたので、

まさか誤差が目立ちやすいスクエア型になるとは全く想像していませんでした!

みるみるうちに仕上がっていく様は圧巻でございました。

てっきりこういうカットはまっすぐセットできるような器具を使うと思っていたのでただただ驚愕です。

この後はルースを当てる板と研磨剤を細かいものに変えて表面をピカピカに磨いていきます。

せっかくきれいにカットしたファセットをだれさせないよう、同じ角度で磨いていきます。

実はこの行程であえて職人さんがバトンタッチして実演していただいています。

本当は自分がカットしたルースではなく、他人がカットしたものを磨くというのは手が違うから難しいものだそうなのですが、それでも音と手の感覚でぴったりに合わせて磨き上げてしまうという職人技をこちらでもしっかり見せていただきました。

この通りピカピカです!思わず拍手!!

目から鱗の連続で非常に濃い時間を過ごさせていただきました。

みなさんありがとうございました!

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ