オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第7回目、

スプリットという不思議な港町

についてレポートします。


1日クロアチアを離れ、ボスニア・ヘルツェゴビナに立ち寄った一行。

次はさらに北上して、クロアチアのスプリットという街にやって来ました。

スプリットの街の起源はとてもユニークです。

ローマ皇帝ディオクレティアヌス皇帝が晩年を静かに過ごすための宮殿として建設され、皇帝はここで6年を過ごしたのですが、

皇帝の死後、ローマ帝国の衰退に伴いこの宮殿は数百年に渡って廃墟となります。

その廃墟に7世紀頃になり、人々が置き去りにされていた宮殿内に住み始め、自分たちの家を建てたのです。

 

宮殿の敷地は南北が約215m、東西に約180mの長方形。

そして宮殿の周りを高さ20mの壁囲っており、宮殿内やその周辺には見所がぎっしりと詰まっています。

では、旧市街に入ってみます!

門をくぐるとそこは、現代と古代が交差する不思議な空間。

カフェのパラソルがありつつ、奥には現代的?なホテルと書いている建物も。。。

細い脇道も沢山あります。

洗濯物が干してあったりと人々の生活が垣間見れて、とても不思議なかんじでした。

この古い建物との融合がすごいですね。

 

地下も一部無料で通り抜けできます。

昼間はおみやげやさんがひしめいています。

宮殿の外に抜けると、ヨーロピアンな海辺のリゾート感が漂います。

すぐ目の前が港。

旧市街も徒歩でぶらぶらするにはちょうどよいコンパクトなサイズで

とても楽しめました。

 

クロアチアの小さな島々への拠点にももってこいなスプリット。

街でくつろぐか、どこかの島に行くか、スプリットに着いてからも悩んでいたのですが

お天気が良さそうなので翌日は「フヴァール島」に日帰りお出かけすることにしました。

次回につづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ

【クロアチア旅行記】5.日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

【クロアチア旅行記】6.ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタールに寄り道


過去と現代が交差するスプリットの街、

その異色な組み合わせはジュエリーにもございます。

 

ちょうど新作のペンダントが上がってきたので、ご紹介いたします。

●K18YG モルガナイト/オニキス(ドゥルージー)/ダイヤモンド

 

ドゥルージーと呼ばれる小さな結晶が集まったルース。こちらはオニキスを使用しています。

淡いピンク色のモルガナイトと、カッティング・色が絶妙にバランスよく出来ていて

一点ものらしい仕上がりになりました。

 

気になる方は是非、お問い合わせ下さいませ。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第5回目、

日帰りで灼熱のモンテネグロのコトルへ

についてレポートします。

 


ドブロブニクに連泊していたのですが、

意外と小さな旧市街、

少し気分転換に遠出してみたいな・・・・と突然思い立ち、

現地発着の1DAYツアーに参加してみました♪

ドブロブニクの宿にハイエースが迎えに来てくれて、

ドアツードアのとても楽チンなモンテネグロへの旅。

 

ガイドさんは英語を流暢に話す金髪美人の女性の方でした。

陸路での国境越え。

パスポートのスタンプは車のマークでした♪

 

途中カフェで休憩、

その後船に乗り継ぎました。

協会がひとつ、ポツンとある小さな島にたどり着きました。

 

手前のバラのピンクと、屋根の水色、空のブルーが映えてとても綺麗でした。

〜岩礁のマリア教会〜

15世紀、地元の漁師が乗った船がこの岩礁で難破したのですが、その時漁師がマリアのイコンを釣り上げていたそうです。

このイコンを祀るために岩礁を埋め立て、この教会が建てられたという伝説があるそうです。

これから船で対岸に向かいます。

 

途中、小さな島が見えました。

対岸のペラストという街で小休憩。

写真で見ると綺麗なのですが、

ジリジリと焼ける猛暑でとってもつらかったのを覚えています笑。

 

そこから船で40分ほど湾を突き進むと、

目的地「コトル」へ到着。

 

旧市街はお掘りと城壁で囲まれていて、外からは見えない状態。

入り口が3箇所あって、正面入り口から旧市街に入りました。

先ほどの写真でみた城壁ですが、

無料で歩くことができます。

 

街の城壁沿いを歩いていたら、階段があり、

降りてくる観光客がちらほら。

どこに続くかわからないけど、適当に歩いてみました。

 

街の外の港が見えますね。

その日は40度になるかならないかの酷暑。

 

今年の夏は、日本でも各地で最高気温40度近くまで達したことがありましたね。

 

旅はまだまだ始まったばかり。

 

次回は、ボスニアヘルツェゴビナのお話です。

つづく。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

【クロアチア旅行記】4.まったりロクロム島でくつろぐ


さて、プロローグ

の最後に登場した教会ですが、実はコトルの聖トリプン教会ものでした〜!

Rosetteコレクション

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ〜

 

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンスタッフの中井です。

 

お休みで訪れたクロアチア。

旅行記を数回に渡って投稿しております。(前回の投稿はこちら

 

今回は、その第4回目、

まったりロクロム島でくつろぐ

についてレポートします。

 


朝、早起きして8:30から活動開始。

その日は、ドブロブニクにくる観光客の1番の必須アクティビティ、

”城壁巡り”をしました。

 

ドブロブニクの旧市街は城壁で覆われていて、その城壁をぐるりと一周徒歩でまわることができるのです。

城壁の眺めは素晴らしいのですが、

急な階段を登り、

炎天下の中、日よけが一切無い細い道をひたすら歩く・・・という感じです。

朝一だと、人も少なく、気温も低めでとても気持ちの良いウォーキングができるのですが、

午後以降は・・・

 

地獄だとおもいます。

 

ということで、

ささっと城壁を巡った後、手持ち無沙汰になったので

ふらりとドブロブニクから船で15分ほどのロクロム島というところにやってきました。

この島の目玉は・・・・動物たち。

 

うさぎや、

孔雀と

ふらりと出会えます。

動物好きにはたまらないですね。

湖で気持ち良さそうに泳ぐひとたちもたくさんいたのですが、

私たちはやっぱり、海で。

陸地は暑いのですが、水温はとてもひんやりしていて寒いほど・・・

 

泳いでは、ボーっとコンクリートの上でゆっくり過ごし、

また泳ぐ・・・

 

実を言うと海辺のべとべと感が大嫌いで、海に入るのが苦手だったのですが、

その日の暑さと海の美しさに魅せられて水着を現地調達して、思い切って入ってみたのでした。

 

次回は、日帰りでお隣のモンテネグロの都市、”コトル”という街をぶらり観光したので、レポートします。

 

アーカイブ

【クロアチア旅行記】1.プロローグ

【クロアチア旅行記】2.アドリア海の真珠、ドブロブニクに到着

【クロアチア旅行記】3.ローカルバスでプチハイキング、ドブロブニク

 


さて、ブログにも登場したうさぎですが、

アダンではうさぎ好きさんのご要望によって

何度かエンゲージリングをお作りしたことがございます。

 

2羽のうさぎの目がそれぞれお客様の誕生石(ムーンストーン・ガーネット)でお作りしています。

うさぎ好きさんにはたまらないとても魅力溢れる婚約指輪に仕上がりました。

アダンフォトギャラリーでのご紹介はこちら

 

 

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00 火曜・水曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ