オーダーメイドジュエリー専門店 ADAM BLOG

こんにちは、アダンです。

5月は通常通り水曜日・日曜日が定休日です。

10:30~16:00(土曜日のみ10:30~18:00)

あっという間に4月が過ぎ、新緑の季節となりました。

アダンはGWも通常通り営業しております。お出かけの際にぜひお立ち寄りください。

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00(土曜のみ18:00まで) 水曜・日曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンです。

 

4月は通常通り水曜・日曜日が定休日ですが、諸事情により、4/27(土)のみ16:00までの営業となっております。

10:30~16:00(土曜のみ10:30~18:00、4/27のみ10:30~16:00)

東京では桜が見頃となり、すっかり春らしくなってまいりました🌸

私も先日お花見をしましたが、満開の桜を眺めていると心が洗われたような、清々しい心地になります。

新しいことが始まる季節、気持ちも新たに、春の訪れを楽しんでいきましょう♪

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00(土曜のみ18:00まで) 水曜・日曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは、アダンです。

 

3月は通常通り水曜・日曜日が定休日です。

10:30~16:00(土曜のみ10:30~18:00)

 

3月のカレンダーにもなっているTAKUMIシリーズ

全て手作業で行われた、甲府の熟練した研磨職人による技術が詰まった作品です。

光の角度によって石の色味や彫りの美しさが変わってきます。

以前甲府の研磨工房に行った際のブログはこちら

 

ぜひお手に取ってご覧ください^^

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00(土曜のみ18:00まで) 水曜・日曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


こんにちは。

三軒茶屋のオーダーメイドジュエリーADAMです。

クリスマスのイルミネーションが街を彩る季節となりました。

コロナ禍が落ち着いた今年2023年

マリッジリングのオーダーやリメイクジュエリーのお仕立て直しなど

沢山のお客様にご来店いただき

懐かしい再会や、新しい出会いがありました。

みなさまありがとうございました。

 

 

来年2024年も ジュエリーで

みなさまを笑顔にできるよう

スタッフ一同がんばってまいります。

 

年末年始のお休みは12月29日(金)~来年1月4日(木)となります。

年始の営業は1月5日(金)からでございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさまのご健康と

素敵な年末年始を過ごされることを心よりお祈りしております。

 

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00(土曜のみ18:00まで) 水曜・日曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


三軒茶屋のオーダーメイドジュエリーADAMです。

先日、パナソニック汐留美術館で開催されているコスチュームジュエリーの展覧会へ行ってきました。

これまであまりなじみのなかったコスチュームジュエリーというジャンル、初心者としてふむふむ、時々クスリとしながら楽しく鑑賞させていただきました。

コスチュームジュエリーと、私たちが普段扱っている貴金属のジュエリーとの違いといったら、なんと言ってもまずはその素材です。

合金、エナメル、ガラス、はたまたフェルトに巻貝、木の実…とにかく幅広い素材が使われていることに驚きました。

そして素材として貴金属を使わないということは、デザインの自由度を格段に高くすることができます。

プラチナやゴールドなどの貴金属は、比重が高く重さもありますが、少ない量でも強度はバッチリ。

金属の価値自体も高いので、一般的には必要な量の金属でジュエリーにお仕立てしていきます。

また、コスチュームジュエリーでは石は高価な宝石ではなく、ガラスや模造パールなどを使うことでコスト面の制約からも解放されます。

金属も石も、もはや「なんでも使い放題」状態。

デザイナーの発想や主張を自由に表現でき、眺めていて非常に楽しかったです。

当初は本物のジュエリーの代替品的な役割もあったものの、その自由なデザイン性から全く別のジャンルとして花開いたそうです。

 

会場ではデザイナーごとのまとまりで展示されており、とにかくそれぞれの個性が豊かでした!

モチーフ系や、ストーリー性のあるデザインも多く、

まずはタイトルを見ずにそれが何を表現したジュエリーなのかということをなぞなぞ的に楽しむのも良かったです。

これらのジュエリーが当時どのような状況で身につけられたものだったのかというと、

ファッションへのプラスアルファの存在だったそうです。

お食事会のドレスに合わせたり、お仕事のブラックスーツにさらりと合わせたり。

自分も周りも気分がちょっと上がる、そして会話のきっかけにもなるような、きっとワクワクする存在だったのでしょう。

もし展覧会に行かれる方がいたら、ぜひ一歩下がって、作品を少し遠くから眺めてみてください。

目の前にそのジュエリーをつけた方が現れたと想像してみると、当時にタイプスリップしたような感覚が味わえるかもしれません。

これはきっとパーティー用、これはバカンスに、なんて考えながら見てみるのも楽しいですよ。

中には、これは一体いつ着けるの!?というものも出てきます。しかもたくさん。笑

 

1時間ほどで見終える展覧会でしたので、気楽な芸術の秋のお出かけにいかがでしょうか。

 

コスチュームジュエリー
美の変革者たち
2023.10.7-2023.12/17
パナソニック汐留美術館

婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイドジュエリー専門店「ADAM〈アダン〉」
TEL / FAX 03-3418-7008 10:30 〜 16:00(土曜のみ18:00まで) 水曜・日曜定休

| 店舗案内 | お問い合わせ | ご予約・空き状況 |


アーカイブ